株式会社パラキャップ社コンテンツへスキップ パラキャップ社はエキスパンションジョイントの頂点を目指します。
会員登録 ログイン お問い合わせ
EXP.J選びの3ステップ製品案内事例紹介会社情報
HOME > 製品案内 > 標準型 パラEX-Uシリーズ > 屋上
製品案内
免震大型ビルテックシリーズ
標準型パラEX-Uシリーズ
屋上
外壁
内壁
天井
床
エキスパンションジョイントの基礎知識
CADデータ
可動試験映像
EXP.J危険事例

建物別施行事例

パラキャップ社へのお問い合わせはフリーダイアル0120-987-003までお願いします。
標準型 パラEX-Uシリーズ

屋上

URO

屋上への雨水等は、ふりつけたはねかえりで躯体とEXP.J.の間にも侵入しようとします。
そのため躯体と金具の取り合い部にはシーリング(施工は別途)を施し、さらに移動も可能にできるようスライドプレート(特許)で保持されています。
パラEX-UR・KRは過去の実績においても雨仕舞は完璧です。

製品名 取付クリアランス 可動量
URO 50〜100ミリ ±50ミリ

【URO】

KRYO

屋上部と隣接する建物が壁の場合に使用します。
壁面から伝わった雨水を水切作用するために壁面の一部を切りこみます。
そこにベースレール・ヒンジと水切りカバーを付けます。
また、上下の移動には軸芯を設け、左右の伸縮にはスライドする保持基板によって構成されています。

製品名 取付クリアランス 可動量
KRYO 50〜100ミリ ±50ミリ

【KRYO】

DR

URのデラックスタイプ。
カバーにステンレス製の骨組みを組み入れて一体化し、移動装置とは別々にすることにより、カバーパネルに加わる重力に対処、スムーズな連動性能を保持します。
しかも、中心保持装置(特許)によって常に建築物の中心に位置することが可能。
もちろん防水性も完璧です。

製品名 取付クリアランス 可動量
DR 50〜200ミリ ±50〜150ミリ

【DR】

DKR

KRのデラックスタイプ。
移動量が大きくなる屋上用EXP.J.は、積雪による加重や風圧等によって、耐久力にはおのずから限界が生じます。
デラックスタイプはこのような過酷な条件の箇所に最適。
カバーにステンレス製の骨組みを組み入れて一体化し、移動装置とは別々にすることにより、カバーパネルに加わる重力に対処しています。

製品名 取付クリアランス 可動量
DKR 50〜200ミリ ±50〜150ミリ

【DKR】

PR

屋上への雨水等は、ふりつけたはねかえりで躯体とEXP.J.の間にも侵入しようとします。
そのため躯体と金具の取り合い部にはシーリング(施工は別途)を施し、さらに移動も可能にできるようスライドプレート(特許)で保持されています。
パラEX-PRは片側でスライドする両流れタイプで、主にDKRとの取り合いに使用します。

製品名 取付クリアランス 可動量
PR 50〜200ミリ ±50〜150ミリ

【PR】
   

サイトマップ リンク プライバシーポリシー サイトポリシー
COPYRIGHT (C) PALA-CAP SHA CO,. LTD. ALL RIGHT RESERVED.