株式会社パラキャップ社コンテンツへスキップ パラキャップ社はエキスパンションジョイントの頂点を目指します。
会員登録 ログイン お問い合わせ
EXP.J選びの3ステップ製品案内事例紹介会社情報
HOME > そこが知りたいエキスパンション事例紹介 > エキスパンション Q&A事例紹介 > 外構周りに収めたい
そこが知りたいエキスパンション事例紹介
エキスパンション事例紹介
エキスパンションQ&A事例紹介
可動量を確保したい
安全性を重視したい
外部通路に収めたい
外構周りに収めたい
意匠性、防水性、施行性を高めたい
施行事例〜建物用途から選ぶ〜
全国施工事例MAP
パラキャップ社へのお問い合わせはフリーダイアル0120-987-003までお願いします。
エキスパンション Q&A事例紹介

外構周りに収めたい

外構等のRコーナーに収めたい 隣地境界線ギリギリに収めたい
消防署等で大型車両に対応する耐荷重用を設置したい

外構等のRコーナーに収めたい

このようなRコーナーにマッチさせるため、オーダーメイドで対応が可能です。 【製品名:STFタイプ

 
【ウッドデッキ仕上】 【タイル仕上】

消防署等で大型車両に対応する耐荷重用を設置したい

消防署、複合施設の駐車場など大型車両が通行する場所にエキスパンションジョイントを設置する場合は、大荷重に耐えられる製品でなければなりません。当社は40tの荷重にも耐える、特殊耐荷重用製品を開発しました。
製品名:STFタイプ

 
【消防車出入口】 【耐荷重仕様】

隣地境界線ギリギリに収めたい

免震建築の外構部が隣地境界線に余裕がないケースがあります。当社は建物が可動しても隣地境界線を越えずに収まる製品を開発しました。 【製品名:YSYタイプ

特殊技術につき、詳細はこちらにお問い合わせ下さい。
   

サイトマップ リンク プライバシーポリシー サイトポリシー
COPYRIGHT (C) PALA-CAP SHA CO,. LTD. ALL RIGHT RESERVED.