株式会社パラキャップ社コンテンツへスキップ パラキャップ社はエキスパンションジョイントの頂点を目指します。
会員登録 ログイン お問い合わせ
EXP.J選びの3ステップ製品案内事例紹介会社情報
HOME > そこが知りたいエキスパンション事例紹介 > エキスパンション Q&A事例紹介 > 可動量を確保したい
そこが知りたいエキスパンション事例紹介
エキスパンション事例紹介
エキスパンションQ&A事例紹介
可動量を確保したい
安全性を重視したい
外部通路に収めたい
外構周りに収めたい
意匠性、防水性、施行性を高めたい
施行事例〜建物用途から選ぶ〜
全国施工事例MAP
パラキャップ社へのお問い合わせはフリーダイアル0120-987-003までお願いします。
エキスパンション Q&A事例紹介

可動量を確保したい

狭いクリアランスでも可動量を確保したい

病院のリニアック棟、マンションの渡り廊下部、柱位置・配管スペースなどによってクリアランスが十分確保出来ないケースがあります。可動するスペースが確保できないとEXP.Jが破損するおそれがあります。
当社はこのようなケースでも問題なく可動する製品を開発しました。
主な製品はこちらです。収まりなどの詳細につきましてはこちらにご連絡ください

    クリアランス 可動量
センチュリー 700〜1100ミリ ±300〜600ミリ
ギャラクシー 1450〜2500ミリ ±600〜1100ミリ
外壁 BBS 682〜1382ミリ ±300〜800ミリ
OG 1250ミリ ±500ミリ
インスパイヤ 950〜1750ミリ ±300〜800ミリ
天井 NTC 1100ミリ ±500ミリ
屋上 DWR 550〜1850ミリ ±400〜1100ミリ

 
【外壁】BBS 【外壁】OG
【屋上】DWR 【床】センチュリー
   

サイトマップ リンク プライバシーポリシー サイトポリシー
COPYRIGHT (C) PALA-CAP SHA CO,. LTD. ALL RIGHT RESERVED.